特別高圧ガイシ(1907年)
社会の近代化を支える「特別高圧ガイシの国産化」を目指して開発
耐酸渦巻ポンプ(1931年)
化学工業の発展に伴い対酸磁器類の販売を開始
ベリリウム銅展伸材(1975年)
ベリリウム銅の持つ優れた特性を生かすための技術開発・研究に取り組み、ベリリウム銅展伸材分野へ進出
ハニセラム(1976年)
自動車排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム」の生産開始
量産品第一号は未来技術遺産に登録
NAS電池(1992年)
世界で初めて、実際の送電系統に連系しながらの大容量蓄電池の充放電実験を開始
半導体製造装置用セラミックス(1996年)
半導体製造装置に使われる耐食性・耐熱性に優れたセラミック部品の量産を開始
NOxセンサー(2008年)
車載用高精度NOxセンサーを独コンチネンタル社と共同で開発し、世界で初めて商品化
複合ウエハー(2014年)
高性能な通信機器部品を安価に作製することが可能となる複合ウエハーを事業化し、ウエハー市場に本格参入

01 イントロダクション

アメリカからもたらされた破片

小さなガイシの破片が、
大きな決意へ導くものになりました

02 トップメッセージ

真のグローバル企業を目指して

現状に満足せず、
次の100年に向かって新たな挑戦を

03 NGKグループ理念

私たちの使命

私たちが目指すもの

04 さらなる成長を目指して

新製品・新規事業の創出により、
持続的な成長を追求

新しい価値を生み出し社会に貢献することが、
創立以来一貫した私たちのDNAです

05 ヒストリー

多角化とグローバル化の歴史

1919年創立以来の、
挑戦と革新の軌跡をたどります

06 NGKストーリー

今こそ伝えたい9の物語

Top of Page
Now Loading