Energy

NAS電池

自然エネルギーの安定化を
実現する、世界初の
大容量蓄電システム。

独自の高度なセラミック技術により、メガワット級の電力貯蔵を世界で初めて実用化した「NAS電池」。大容量、高エネルギー密度、長寿命を特長とし、鉛電池の約3分の1のコンパクトサイズで、長時間にわたる高出力の電力供給が可能です。電力需要の少ない夜間に充電し、昼間のピーク時に放電することで最大電力使用量を削減でき、停電時の非常用電源や瞬時電圧低下への対策としても有用です。気象に左右されるため不安定な風力発電や太陽光発電では、いったんNAS電池に充電してから放電することで出力を安定化できるため、再生可能エネルギーの普及やスマートグリッド(次世代送電網)の構築に役立つ蓄電池として世界の注目を集めています。

風力発電所向けNAS電池NAS電池は国内および海外で、すでに約200カ所の稼働実績があります。
単電池(左)と固体電解質セラミックス(右)NAS電池は、負極にナトリウム(Na)、正極に硫黄(S)、両電極を隔てる電解質にファインセラミックスを用いた蓄電池です。

がいし

揺るぎない品質と技術力で、
世界の電力供給を支えるがいし。

ライフラインである電力を安全かつ安定的に届けるために、送電線を支え、鉄塔や機器との間を確実に絶縁する重要な役割を担っているがいし。わずかな不具合でも社会に甚大な影響を及ぼしかねないため、がいしには常に高い信頼性が求められます。日本ガイシグループはがいしの専業メーカーとして1919年の設立以来、独自の技術を進化させ、地震や台風、冠雪など過酷な環境に耐える強度と品質を誇る製品を生み出しています。

送電用がいし耐汚損や耐雷などさまざまな機能を持つがいしを生産しています。強度や絶縁性を保ちながら小型化を達成するなど常に革新を図っており、UHV送電用懸垂がいしは、直径41cmの大きさで84トンもの荷重に耐える高強度を誇ります。
変電用がいし・機器がい管や支持がいし、ブッシングや断路器などの変電用機器は、変電所で電線と機器、建物を絶縁するために使われています。世界最大級の磁器製品(全長11.5mのがい管)を用いたUHVガスブッシングは日本ガイシの技術力の結晶です。
送電用機器送電線事故による停電を防ぐための装置を供給。中でも避雷装置は、機能性セラミックス(酸化亜鉛素子)を内蔵し、雷による大電流を選択的に逃がして落雷による停電の減少に大きく貢献しています。
配電用機器開閉器やカットアウト、耐雷機材や電圧調整装置など、信頼性の高いさまざまな配電用機器を提供しています。電力設備の保全管理、効率的な運用に貢献しています。